Placemaking Lab for Livable Cities
Placemaking Lab for Livable Cities

Green Commons

グリーンコモンズ
グリーンコモンズ ワークショップ開催の様子

一年草を主体とした従来型の花壇管理から一歩進み、宿根草(多年草の一種)を使った花壇づくりを市民参加型で進めるプロジェクトが、Green Commonsです。植物の廃棄と過大な植え替えによる費用を抑え、季節ごとの植物の変化を楽しむサステイナブルな取り組みです。

2021年の6月、東遊園地の東側、フラワーロード沿いの歩道に花壇を作るところから、一連のワークショップがスタートしました。

リバーワークスは、一般的なNaturalistic Gardenの考えかたに、エディブル(食べられる)なハーブやフルーツを加えて、見た目の美しさだけではなく、収穫の喜びをみんなで共有する花壇づくりにチャレンジしました。

これからも都心から神戸全体に、サステイナブルな市民参加型の植栽管理が広がることをめざして、プロジェクトを継続する予定です。

※Green Commonsは、神戸市の緑化方針「Living Nature Kobe」と併走するプロジェクトです。